image

LANDPLAN

熊本・藤崎宮。誇り高きこの地に
ふさわしい邸宅創造を。-「RIKYU」。

  • 基本設計

    地上12階建て、静なる佇まい。

    賑わいある中心市街地から少し離れ、藤崎宮からの厳かな雰囲気が静寂と落ち着きをもたらすエリアの一角。そんな立地特性を生かす建物は、シンプルで洗練された素材や色調の中に、格子の要素を取り入れるなど、落ち着いた外観とすることで、街との調和を図ります。

    共用設計

    熊本の歴史を描く、共用空間。

    道路に面する敷地は、公共性を包含した空間であり、空へと広がる開放的な空間を確保することで、街並みに余白を与え、住環境の向上を図ります。奥行きのあるエントランスホールの視線の先に中庭を望む空間を設けることで、町屋の雰囲気を取り入れ、この地の歴史性を表現します。

    庭園空間

    潤いをつなげ、取り込む庭園景観。

    アプローチ空間は高さの異なる壁面を備えた植栽を設置し、城郭の枡形を思わせる構成とすることで、地歴へのオマージュを表しました。加えて、自然なテクスチャーが際立つ素材・植栽などにより、深みのある景観を創り出します。

ページトップへ